【成功者は知っている】中国のおすすめ転職エージェントと求人転職サイトは?

中国で就職する決意はできたが、転職活動では失敗したくないですよね。

 

海外就職希望者
どこの転職エージェントに相談をして、どこの求人転職サイトに登録をしたらいいのだろうか?ネット上には情報が多すぎるので、効率よく転職活動をして早く中国で働きたい。
読んでほしい人
  • 中国就職でオススメの転職エージェントと転職サイトを知りたい人
  • 自分自身が中国で転職できるのか不安に思っている人
  • 中国の求人情報の特徴を知りたい人

 

中国転職を成功させた経験者のオススメは?

 

リクルートエージェントとリクナビNEXTの違いは?

リクルートエージェント リクナビNEXT
特徴 キャリアアドバイザーと転職活動 自分自身で転職活動
求人 非公開求人(求人数は多く、アドバイザーの紹介が必要) 公開求人(求人数は少なく、誰でも応募可能)
サポート 企業とあたなの仲介役(面接日調整など全てをサポート) サイトを通じて企業に直接応募(サポートなし)
サービス 相談できる(転職の悩み、面接対策、職務経歴書の添削など) サービスなし
内定率 アドバイザーの紹介案件なので高い 紹介案件ではないので低い
オススメする人 本気で早く転職したい人向け マイペースな人向け

中国での転職は分からないことだらけのはず。リクルートエージェントの面談はマストになるでしょう!誰にでも働くチャンスはあります。

 

↓スマホからでも簡単登録3分↓

\キャリアアドバイザーに無料相談/

 

 

↓求人数業界No.1 無料登録↓

\簡単レジュメを登録で企業からスカウトも/

 

 

 

中国でのオススメ転職エージェント

まず、中国で就職したい人が登録すべき転職エージェントはリクルートエージェントです。

 

サービス内容

  1. キャリアアドバイザーとの面談
  2. 求人紹介(非公開求人多数)
  3. 書類添削
  4. 面接対策
  5. 入社サポート

 

選ぶ理由?

☑業界No.1の求人数
→世界中のネットワークを利用してあなたの希望通りの会社を推薦してくれます。キャリアアドバイザーの推薦なので内定率も高くなるのです。

 

☑無料で転職活動をサポート
→エージェントはあなたが内定をもらうと紹介料をあなたの内定先から受け取ります。全力でサポートしてくれるはずです。

 

☑相談だけでもOK
→中国転職経験者は周りにはいないあはず。不安なことも沢山あると思うのでアドバイザーに相談に乗ってもらうことができます。(全国各地で相談可能)

 

☑面談は土日・平日の遅い時間でもOK
→忙しいあなたにも真摯に対応してくれます。

 

新卒で何十社も落ちた私だったが。。。エージェントの紹介なので1社目で内定をもらうことができ中国での就職を叶えました!面談後2ケ月もしないうちに内定通知がありました。

 

↓スマホからでも簡単登録3分↓

\キャリアアドバイザーに無料相談/

 

その他日本語で対応してくれる中国にあるエージェント

日本から中国にある転職エージェントに申し込むのアリかもしれまん。現地に精通しているので安心ですね。

①T-Bank
上海提浜克企管理有限公司
上海市楊浦区荊州路334弄108号A区101室
TEL:
+86-21-5172-1228
Eメール : kaneko@talented-bank.cn

チェックポイントはココ!
中国全土をカバーしていて、日本人対応でスピードが速い

 

②ジェントル
上海堅途商務咨詢有限公司
上海市普陀区中山北路1958号华源世界广场2303
TEL:+86-21-6241-1822
Eメール: company@gentlecorp.com

チェックポイントはココ!
上海の雑誌でも紹介されていて、総経理は上海歴が長く、ネットワークを駆使して年配の人向けにも案件多数

人材会社ジェントルの紹介記事の写真
人材会社ジェントルの紹介記事

 

③We-wow
上海惟吾人才服务有限公司
上海市静安区万航渡路83号金航大厦2004室
TEL: +86⁻21-6137-9587
Eメール : hamaya@we-wow.cn

人材会社We-wowの紹介記事の写真
人材会社We-wowの紹介記事

チェックポイントはココ!
人材紹介だけではなく、ビザサポートや住まい探しのお手伝いまでサポート

 

転職エージェントの活用方法

二人三脚で専門コンサルタントと転職活動ができるで安心ですね。しっかりと活用をして少しでも早く中国転職の夢を叶えましょう。本気で転職を考えている人は利用するしかないですね!

 

活用方法

  1. 現地事情を質問する
  2. 転職の希望を的確に伝える
  3. 転職の悩みを相談する

 

不安も解消され、ピンポイントであなたの希望の会社を紹介してくれるはずです!

 

↓スマホからでも簡単登録3分↓

\キャリアアドバイザーに無料相談/

中国でのオススメ求人転職サイト

 

求人転職サイトはこんな方におすすめ

  • まだ中国転職を悩んでいる人
  • マイペースに中国の情報収集をしたい人

 

上記に当てはまらず、早く中国就職の夢を叶えたい人は利用しないように!そんな人はリクルートエージェントに登録しましょう。

 

まずは業界大手で世界中でネットワークのあるリクナビNEXTに登録してみては?

↓求人数業界No.1 無料登録↓

\簡単レジュメを登録で企業からスカウトも/

 

中国で就職を考えたときに、その他オススメの求人転職サイト3選!

RGF (リクルートグループ)

カモメ(RGFが運営する求人情報サイト)

マイナビ

 

中国エリアでの情報(2021年2月6日現在)

 カモメ  RGF マイナビ
求人件数 482件 246件 92件
エリア 8エリア
(上海・蘇州・北京・天津・広州・深セン・大連・その他)
32エリア
(中国各地をカバー)
3エリア
(北京・上海・広州)
サイトの特徴 求人の会社名が掲載されていて透明性がある 中国国内のエリア分けがしっかりとされている 条件検索が豊富である
マイナスポイント 求人の会社名非公開がある
その他おすすめポイント 中国独自の転職相談会がある

キャリアインタビューや就職体験談記事がある

現地のお役たち情報やレポートがある 面接対策がある

適正診断がある

総評 中国に特化した専門サイト 中国現地の情報を得たいならこのサイト 転職での悩み事を解決できるサイト

 

中国で就職する際に、あまりおすすめしない転職サイト一覧

NNA jobwire 求人が極端に少ない
ALA!中国 求人の会社名が公表されてなく、透明性がない
インテリジェンス 中国語の求人などもあり、サイトを閲覧しにくい
パソナ 求人情報の内容が薄い
JACリクルートメント 求人数が少なく、中国語での求人情報もあり閲覧しにくい
リード・エス 上海と蘇州地区限定で情報が薄い
ビズリーチ 求人件数は多いが、登録やサービス内容が多く使い勝手が悪い
ABROADERS CAREER 求人件数が極端に多すぎる
ヒューマンリソシア サイトが重く、求人には日本語と中国語がごちゃごちゃ
上海霓索(NISSO)人力資源服務有限公司 文字が小さくて、求人が見にくい
プライム 上海のお隣の蘇州の求人が多い

求人転職サイトの活用方法

初めての中国転職では、ネット上でどれだけ情報を獲得できるかがカギになります。

 

活用方法

  1. 中国現地情報の収集
  2. スカウトメールを待つ

 

大手の転職サイトには求人情報が多く掲載されています。また、海外就職の際に必要な履歴書の書き方、面接のポイント、現地情報、イベント情報などのお役立ち情報も満載です。

 

私は漠然と中国で働きたいと思ったときに、リクナビNEXTに登録しました。どのような求人があるのか参考程度にして、レジュメを登録して企業からのスカウトメールを待っていました。

 

しかし、スカウトメールはイマイチでした。求人情報も質問したいことが沢山ありました。

 


そこで、リクナビNEXTに掲載されている情報以上のものを知りたくて、リクルートエージェントに登録をして企業を紹介してもらいました。

 

 

中国転職に少しだけ興味があり、気長に自分のペースでやりたい人はリクナビNEXTを登録するところから転職活動を始めてみては?

 

 

↓求人数業界No.1 無料登録↓

\簡単レジュメを登録で企業からスカウトも/

 

その他の転職活動方法

中国現地に飛び込んで転職活動をする方法もあります。

 

働いてみたい国に飛び込んで求人を探すのもアリです。
≫【海外就職】アジアで現地採用として働くおすすめ4カ国を徹底比較!

 

具体的な方法

  • 留学
  • ボランティア
  • 旅行
  • 現地のイベントやサークルに参加

 

日本から希望の国の情報を集めるには限界があります。しかし、働きたい国に行ってみると求人情報は沢山転がっていて驚くはずです。

 

現地に行くとフリーペーパーでの求人情報、ネット上では見つからない転職エージェント、コミュニティ情報があります。

現地の求人情報と人材会社の写真①
現地の求人情報と人材会社①
現地の求人情報と人材会社の写真②
現地の求人情報と人材会社②
現地の求人報と人材会社の写真③
現地の求人報と人材会社③

中国特に上海では日本での留学経験のある中国人が起業した会社で、日系企業相手に商売をしている会社がたくさん存在しています。

 

そのような会社はリクルートなどの日本の大手サイトでは募集していないので、現地に行かなくてはこのような求人を知ることはできません。

 

スポンサーリンク


中国の求人情報の特徴

中国には多くの日系企業が進出をしているので、求人と出会うチャンスがたくさんあります。

 

中国現地採用者のほとんどは中国語を話せず、未経験の業界・業種で働いていて、年配の人も多く活躍しています。

 

求人情報の必須条件で【〇〇の経験がある人】、【〇〇の知識がある人】、【中国語ビジネスレベル】をよく見かけて挫折する人がいますが、実際は望ましい条件という意味です。

 

 

今回はRGFを利用して中国の求人情報の特徴を紹介していきます。(2021年2月9日現在情報)

【求人数】

246件

【地域別求人数】

北京12件、上海101件、天津7件、江蘇省33件、浙江省5件、広東省35件(+深セン25件)、その他地域

中国まるごと百科事典

上海周辺、沿岸部を中心に求人が多いのが特徴です。

 

【求人の業種】

  • メーカー127件
  • サービス業界52件
  • 商社2件
  • 金融業界6件
  • 小売業界2件
  • ヘルスケア業界4件
  • インターネット業界5件
  • その他業界

中国には日系メーカーが多く進出していることがわかりますね。

 

【求人の職種】

  • 営業・営業アシスタント・営業事務92件
  • 製造・品質管理・設計・生産管理・研究開発67件
  • 物流管理・貿易・調達・バイヤー・店舗開発5件
  • 教育・日本語教師・幼稚園・保育園・塾8件
  • 飲食・ホテル・旅行・ブライダル・販売員7件
  • 建築設計・インテリア・ファッションデザイナー11件
  • セールスエンジニア・サービスエンジニア7件
  • 事務・秘書・アシスタント・通訳11件
  • 財務・会計・経理4件
  • 人事・HR・総務4件
  • 銀行・金融関連3件
  • Web・ゲーム・EC関連・プログラマ・デザイナー11件
  • SE・PM・エンジニア・ネットワーク関連3件

 

営業職やメーカーでの仕事が多いですね。
≫海外営業マンの仕事スタイルは日本より楽!【海外で営業職になるのは簡単】

スポンサーリンク


 

 

現地採用希望者
語学力ゼロだけど大丈夫?経験がないけど新しい仕事にチャレンジできるの?40歳過ぎたけど年齢的に大丈夫?何でもいいから中国で働きたい!

 

 

中国にはあなたが希望する求人は必ず見つかります。私自身も中国語が話せない状態で、未経験の業界に飛び込み今も働いています。
≫現地採用使えないは嘘です!中国で現地採用と駐在員を比較してみた!

 

あなたが気になっているであろう以下3のつの求人を紹介していきます。

  1. 語学力不問
  2. 未経験OK
  3. シニア

 

【語学力不問】

中国では中国語が話せなくても働くことは可能です。

 

実際にヤフーで【中国 求人 語学不問】と検索してみると、語学力不問の求人はたくさんヒットします。

中国で語学力不問の求人の検索結果の写真
中国で語学力不問の求人の検索結果

ほとんどの日系企業では職場に日本語の話せる中国人がいて、クライアントも日系が多いので中国語力がなくても働けます。
≫海外転職で現地採用の語学力不問は本当!┃中国就職で語学力が不問の理由

 

 

私は求人情報で語学力は【一般会話レベル以上必要】のところに申し込んで内定をもらっています。

【未経験OK】

中国では即戦力が求められます。しかし、中国の現地採用のほとんどは未経験の業種や職種で働いています。

 

求人先も人手不足で、売り手市場になっています。現在私の働いている会社の日本人は8人いますが、そのうち4人は未経験者です。

 

『未経験OK』のキーワードで検索してもヒットする求人は少ないかもしれません。求人側も敢えて『未経験OK』とはしていないだけです。そこまで気にする必要はありません。

【シニア向け】

海外就職は30歳までとよく耳にしますが、中国では管理業務が求められ30歳以上の人も多く活躍しています。

 

中国の求人ではメーカーでの工場長、品質管理の求人をよく見かけます。そのほとんがシニア世代です。

 

現地採用として働くのに、年齢は気にする必要はありません。

スポンサーリンク


中国の求人で確認すべき点

入社後にトラブルに発展するかもしれないので、「給料」と「福利厚生」は必ず確認しましょう。

 

【給料】

1年目、2年目、3年目とどれくらい給料がアップしていくのかに確認しましょう。
≫上海現地採用の給料は安すぎ!給与交渉では解決できない日本人の現状

 

上海現地採用の業種別の給料目安6選

  1. メーカー 10,000元~20,000元/月(約170,000円~340,000円/月)
  2. 物流 14,000元~25,000元/月(約224,000円~400,000円/月)
  3. IT 15,000元~25,000元/月(約240,000円~400,000円/月)
  4. コンサル会社 15,000元~25,000元/月(約240,000円~400,000円/月)
  5. 商社副総経理(副社長) 22,000元~28,200元/月(約352,000円~451,000円/月)
  6. メーカー開発責任者 28,200元~70,000元/月(約451,000円~1,120,000円/月)

 

家賃手当がなく10,000元以下/月の求人だと上海での生活は困難になります。(上海現地採用者の家賃相場:3000元~4000元)

 

上海の生活費はこちらの記事で確認できますので、給料と見合わせながらどの程度の生活レベルになるか想像してみてください。
≫上海の生活費は単身で1カ月いくら?【現地採用者の電子版支払い記録を大公開】

 

【福利厚生】

特に注意するのは「住宅手当」「残業代」です。住宅手当と残業代の有無で生活レベルが大きく変わってきます。

 

住宅手当は面接時に求職者から要望を出すのが当たり前です。必ず面接時にはチェックしましょう。
>海外面接で必ず質問されること・中国と日本の面接の違い【海外就職の不安解消】

 

中国現地採用の福利厚生の現実を詳しく知りたい方向けはこちら
≫上海現地採用の手当・福利厚生の待遇はバイト以下で将来が不安になる話

 

【その他】

本社採用はあるの?
→特にメーカーでは、2年ほど働くと駐在員と同じ本社採用扱いにしてくれる会社があります。給料もアップして、手当もよくなるので、確認してみましょう。

 

試用期間は?
→中国では試用期間の急な延長や試用期間中のクビは本当に存在します。試用期間から正社員になるプロセスもしっかりと確認しましょう。

スポンサーリンク


中国で求められる人材

中国で求められる日本人の人材は【長期で働ける人+ストレス耐久のある人】です。

 

【長期で働ける人】

→独身者や中国人と結婚している人は日本に帰国する理由がないので、長期的に働いてくれる可能性があり、採用されやすいです。

 

【ストレス耐久のある人】

→日本とは仕事環境が異なり、中国人と一緒に働かなくてはなりません。日本では考えられないことが頻繁に発生をします。
≫中国のビジネス文化の特徴!『中国人とビジネスをする難しさや注意点』

≫驚愕!中国のビジネスマナー【海外と日本のビジネスマナーの違い】

 

トラブル発生時にはストレスを感じるものです。そのストレスに耐えられるような人でないと中国で働くことは難しいかも。
≫海外と日本の働き方や考え方の違いは?中国人と働くストレスを解説!

 

 

給料額によっても中国で求められている人材は異なります。

【月給10,000元~15,000元(約18万円~27万円)の人材】

中国語が話せないことは採用する側も理解しています。このような人材は日系企業の開拓が求められます。

 

中国語をマスターして中国企業の開拓ができると給料アップ可能や条件のいい転職先候補が増えるかもしれません。

 

中国が好き+チャレンジ精神がある+安い給料で働けるような人材です。

 

【月給20,000元(約36万円)以上の人材】

責任あるポジションを任されるので、中国語はビジネスレベルで、業務上での専門知識が求められます。

 

優秀な人材であることはもちろんのこと責任感があり、トラブル発生時に現地スタッフと共に解決できる人が求められます。

 

このような人材になるには、中国現地での経験値も必要とされます。

スポンサーリンク


 

最後に!

中国で以下のような求人は存在しません。。。

  • 新卒
    →日本での社会人経験2年以上必要
  • 学歴不門
    →大学卒以上必要
  • 60歳以上

その理由は上記のような条件では就労ビザを取得できないため(中国での就労ビザの条件)

 

現地採用の悩み事はこちらのページより全て解決できます!
≫【海外転職に失敗しない方法】中国現地採用は海外就職初心者でも簡単!

 

 

↓スマホからでも簡単登録3分↓

\キャリアアドバイザーに無料相談/

 

 

↓求人数業界No.1 無料登録↓

\簡単レジュメを登録で企業からスカウトも/