中国のおすすめ求人転職サイト・転職エージェントはココだ!【求人情報の解説付き】

中国で就職する決意はできたが、転職活動では失敗したくないですよね。

 

海外就職希望者
どこの転職サイトに登録をして、どこの転職エージェントに相談をしたらいいのだろうか?中国の求人情報の特徴を知りたい。ネット上には情報が多すぎるので、効率よく転職活動をして早く中国で働きたい。
中国転職を成功させた経験者が最もオススメする求人転職サイト・転職エージェントはリクルート

 

中国には日系企業が多く進出しており、リクルートの豊富な求人情報【語学力不問・未経験OK・シニア向け】のおかげで、誰にでも働くチャンスあり

 

この記事をオススメする理由

中国への転職ではどうしてリクルートをオススメするのか他社との比較をして、中国の求人情報の特徴と絶対に注意すべき点を説明しているので、あなたも中国転職では絶対に失敗しないでしょう。

 

 

スポンサーリンク


 

中国でのオススメ求人転職サイト【リクルート系列】

中国で就職を考えたときに、オススメの転職サイト3選!

No1.RGF (リクルートグループ)

No2.カモメ(RGFが運営する求人情報サイト)

No3.マイナビ

RGFとカモメはリクルート系列です。

中国エリアでの情報(2021年2月6日現在)

No.2 カモメNo.1 RGFNo.3 マイナビ
求人件数482件246件92件
エリア8エリア
(上海・蘇州・北京・天津・広州・深セン・大連・その他)
32エリア
(中国各地をカバー)
3エリア
(北京・上海・広州)
サイトの特徴求人の会社名が掲載されていて透明性がある中国国内のエリア分けがしっかりとされている条件検索が豊富である
マイナスポイント求人の会社名非公開がある
その他おすすめポイント中国独自の転職相談会がある

キャリアインタビューや就職体験談記事がある

現地のお役たち情報やレポートがある面接対策がある

適正診断がある

総評中国に特化した専門サイト中国現地の情報を得たいならこのサイト転職での悩み事を解決できるサイト

リクルート系列の転職サイトを選ぶ理由は?

求人数が豊富で、中国国内でのエリア分けがしっかりとされているのでサイトも見やすい。閲覧するために登録をする必要はなく、情報収集には打ってつけ!多くのサイトに登録をすると情報が錯綜するためRGFかカモメを登録すれば十分です。

 

中国で就職する際に、あまりおすすめしない転職サイト一覧

NNA jobwire求人が極端に少ない
ALA!中国求人の会社名が公表されてなく、透明性がない
インテリジェンス中国語の求人などもあり、サイトを閲覧しにくい
パソナ求人情報の内容が薄い
JACリクルートメント求人数が少なく、中国語での求人情報もあり閲覧しにくい
リード・エス上海と蘇州地区限定で情報が薄い
ビズリーチ求人件数は多いが、登録やサービス内容が多く使い勝手が悪い
ABROADERS CAREER求人件数が極端に多すぎる
ヒューマンリソシアサイトが重く、求人には日本語と中国語がごちゃごちゃ
上海霓索(NISSO)人力資源服務有限公司文字が小さくて、求人が見にくい
プライム上海のお隣の蘇州の求人が多い

求人転職サイトの活用方法【情報収集のみでOK】

中国で就職先を探すときは、大手職サイトのリクルートに登録をして、情報収集をメインで活用することをおすすめします。

 

海外のサイトは少し不安だなあ。。まずは日本のサイトに登録をして情報収集をしたいならこちら。私もまずはこちらのサイトに登録をして中国の情報を取集しました。
リクナビNEXT
求人情報が気になる方は登録無料の求人数業界最大級のリクナビNEXT

 

初めての海外転職ではネット上で情報をどれだけ獲得できるかがカギになります。

 

大手の海外転職サイトには求人情報が多く掲載されていて、海外就職の際に必要な履歴書の書き方、面接のポイント、現地情報、イベント情報などのお役立ち情報も満載です。

 

私は日本で働いているときに、中国で働きたいという思いから、リクルートに登録をしました。簡単な質問に答えると自分にマッチした求人がメールで送られてきました。

 

自動で送られてくる求人情報もイマイチでした。求人情報について、質問したくてもできません。
転職サイトに掲載されている情報以上のものを知ることはできません。海外就職で求職者と求人者のミスマッチはとても大きな問題になります。

 

よって、転職サイトは情報収集のみとして、面談や窓口は現地の転職エージェントに依頼をしましょう。

 

その理由をこれから解説していきます。

 

スポンサーリンク



中国でのオススメ転職エージェント【リクルート系列】

中国で就職を考えたときにまず依頼すべき転職エージェントはリクルート系列のRGFです。

RGFのサービス内容4点

  1. 就労ビザが取得できるかどうかの判定までしてくれる
  2. WEB面談にも対応してくれる
  3. セミナーを頻繁に行っている
  4. 専属のスタッフが希望に応じた求人を紹介してくれる

 

リクルート系列の転職サイトを選ぶ理由は?

求人数が多いだけではなく、中国現地の企業のため、現地事情に詳しく中国での生活のアドバイスまでもらえる。中国で疑問に思ったことは何でも解決してくれます。

 

まだ中国で働くか日本で転職するか心が揺らいでいる方はまずは日本のリクルートエージェントに相談するのもいいかも。私もここで相談をして最終的に中国で働く決意をしました。
リクルートエージェント
海外転職を失敗したくない方は相談無料のリクルートエージェント

その他日本語で対応してくれる中国のエージェント

①T-Bank
上海提浜克企管理有限公司
上海市楊浦区荊州路334弄108号A区101室
TEL:
+86-21-5172-1228
Eメール : kaneko@talented-bank.cn

チェックポイントはココ!
中国全土をカバーしていて、日本人対応でスピードが速い

 

②ジェントル
上海堅途商務咨詢有限公司
上海市普陀区中山北路1958号华源世界广场2303
TEL:+86-21-6241-1822
Eメール: company@gentlecorp.com

チェックポイントはココ!
上海の雑誌でも紹介されていて、総経理は上海歴が長く、ネットワークを駆使して年配の人向けにも案件多数

人材会社ジェントルの紹介記事の写真
人材会社ジェントルの紹介記事

 

③We-wow
上海惟吾人才服务有限公司
上海市静安区万航渡路83号金航大厦2004室
TEL: +86⁻21-6137-9587
Eメール : hamaya@we-wow.cn

人材会社We-wowの紹介記事の写真
人材会社We-wowの紹介記事

チェックポイントはココ!
人材紹介だけではなく、ビザサポートや住まい探しのお手伝いまでサポートしてくれます。

 

転職エージェントの活用方法【現地のエージェントに紹介してもらう】

海外での就職先を探すには現地の転職エージェントに依頼するのをおすすめします。

 

おすすめする理由

  1. 現地の事情に詳しい
  2. ピンポイントで希望の企業を紹介してくれる
  3. 転職後も相談できる

 

はじめての海外就職は不安なことが沢山あるはずです。悩みを気軽に相談できて、自分にマッチした企業を直接紹介してくれるのが本来の人材会社の役目かと思います。

 

そのため中国事情に詳しい現地の転職エージェントに依頼することをおすすめします。面談では悩み事を解決してくれて、その後は自分にマッチした求人を紹介してくれます!

 

現地の転職エージェントのため、中国に転職後も進路相談などは継続してお付き合いができます。
≫中国での日本人の転職事情【中国企業に実際に転職してみた】

 

☑どのようなサービスがある?

サービス内容

  • 面談で希望条件を確認してくれる(ビデオ通話)
  • 履歴書と職務履歴書の作成方法も丁寧に説明してくれる
  • ピンポイントで転職サイト以上に詳しく求人情報を紹介してくれる
  • ビザや住まいなど現地事情を教えてくれる

日本から依頼をしても親身になって対応してくれるので安心しましょう。

 

スポンサーリンク


その他の転職活動方法【現地に飛び込んでみる】

現地に飛び込んで転職活動をする方法もあります。

 

働いてみたい国に飛び込んで求人を探すことも可能です。
≫【海外就職】アジアで現地採用として働くおすすめ4カ国を徹底比較!

具体的に現地に飛び込む方法

留学
ボランティア
旅行
現地のイベントやサークルに参加

 

日本から希望の国の情報を集めるには限界があります。しかし、働きたい国に行ってみると求人情報は沢山転がっていて驚くはずです。

 

現地に行くとフリーペーパーでの求人情報、ネット上では見つからない転職エージェント、コミュニティ情報があります。

現地の求人情報と人材会社の写真①
現地の求人情報と人材会社①
現地の求人情報と人材会社の写真②
現地の求人情報と人材会社②
現地の求人報と人材会社の写真③
現地の求人報と人材会社③

海外転職サイトはリクルート系列に登録をして、情報収集として活用しましょう。就職先は現地のリクルート系列の転職エージェントを経由して求人を探しましょう。

 

海外で働くことを決意して、この記事を読んでいる人はきっと現地採用としてのキャリアについても悩んでいるはずです。
≫現地採用のキャリアは日本帰国後の就職活動に絶対に活かせます!

 

効率よく活用をして、短期間で海外就職ができて、ミスマッチも大幅削減しましょう。

 

中国で現地採用として働きたいが、自分自身のキャリアで求人が見つかるのか不安になっていないでしょうか?

 

スポンサーリンク


中国での求人情報の特徴【業種:メーカー┃職種:営業┃沿岸部に求人が多い】

中国には多くの日系企業が進出をしているので、日本人にとっては多くの求人と出会うチャンスがあります。

 

中国現地採用者のほとんどは中国語を話せず、未経験の業界・業種で働いていて、年配の人も現地採用として多く働いています。

 

求人情報の必須条件で【〇〇の経験がある人】、【〇〇の知識がある人】、【中国語ビジネスレベル】をよく見かけて挫折する人がいますが、実際は望ましい条件という意味です。

 

【中国の求人サイトの紹介】

まず、中国で求人を探すときにはRGFもしくはカモメの転職サイトを利用することをおすすめします。

 

今回はRGFを利用して中国の求人の特徴について説明していきます。(2021年2月9日現在情報)

【求人数】

246件

【地域別求人数】

北京12件、上海101件、天津7件、江蘇省33件、浙江省5件、広東省35件(+深セン25件)、その他地域

中国まるごと百科事典

上海周辺、沿岸部を中心に求人が多いのが特徴です。

 

【求人の業種】

  • メーカー127件
  • サービス業界52件
  • 商社2件
  • 金融業界6件
  • 小売業界2件
  • ヘルスケア業界4件
  • インターネット業界5件
  • その他業界

中国には日系メーカーが多く進出していることがわかりますね。

 

【求人の職種】

  • 営業・営業アシスタント・営業事務92件
  • 製造・品質管理・設計・生産管理・研究開発67件
  • 物流管理・貿易・調達・バイヤー・店舗開発5件
  • 教育・日本語教師・幼稚園・保育園・塾8件
  • 飲食・ホテル・旅行・ブライダル・販売員7件
  • 建築設計・インテリア・ファッションデザイナー11件
  • セールスエンジニア・サービスエンジニア7件
  • 事務・秘書・アシスタント・通訳11件
  • 財務・会計・経理4件
  • 人事・HR・総務4件
  • 銀行・金融関連3件
  • Web・ゲーム・EC関連・プログラマ・デザイナー11件
  • SE・PM・エンジニア・ネットワーク関連3件

営業職やメーカー内での業種がやはり多いですね。

スポンサーリンク


中国の求人は誰にでも働くチャンスあり

 

現地採用希望者
語学力ゼロだけど大丈夫?経験がないけど新しい仕事にチャレンジできるの?40歳過ぎたけど年齢的に大丈夫?何でもいいから中国で働きたい!

 

 

中国には皆様が希望する求人は必ず見つかります。私自身も中国語が話せない状態で、未経験の業界に飛び込み今も働いています。
≫現地採用使えないは嘘です!中国で現地採用と駐在員を比較してみた!

 

今回は特に皆様が気になっているであろう以下の3のつの求人を紹介していきます。

  1. 語学力不問
  2. 未経験OK
  3. シニア

 

【語学力不問】

中国では中国語が話せなくても働くことは可能です。

 

実際にヤフーで【中国 求人 語学不問】と検索してみると、語学力不問の求人はたくさんヒットします。

中国で語学力不問の求人の検索結果の写真
中国で語学力不問の求人の検索結果

 

RGFの海外転職サイトで調べてみても中国語の語学力不問の求人は94件もヒットしました。

中国で語学力不問の求人の写真
中国で語学力不問の求人

 

ほとんどの日系企業では職場に日本語の話せる中国人がいて、クライアントも日系が多いので中国語力がなくても働けます。

 

 

中国では職種は少し限定されますが、語学力がなくても仕事は見つかりそうですね。
≫中国現地採用の語学力不問は本当です!【中国語・英語は不要】

 

私は求人情報で語学力は【一般会話レベル以上必要】のところに申し込んで内定をもらっています。

【未経験OK】

一般的に中国では即戦力が求められます。しかし、中国の現地採用のほとんどは未経験の業種や職種で働いています。

 

求人先も人手不足で、売り手市場になっています。現在私の働いている会社の日本人は8人いますが、そのうち4人は未経験でした。

中国で未経験OKの求人の写真
中国で未経験OKの求人

 

キーワード検索では4件しかヒットしませんでしたが、実際は未経験で働いている人も多いので、そこまでヒット数が少ないことを気にする必要はありません。

【シニア向け】

海外就職は30歳までとよく耳にしますが、中国では管理業務が求められ30歳以上の人も多く活躍しています。

 

中国の求人ではメーカーでの工場長、品質管理の求人をよく見かけます

中国でシニア向けの求人の写真
中国でシニア向けの求人

現地採用として働くのに、年齢は気にする必要はありません。

 

現地採用は誰でも可能!
私も求人広告の応募資格をみて、自分には無理だと思いました。。しかし、求人側もいい人材に来てもらうために応募資格のハードルを高くしているだけです。このことを理解した方は求人情報をチェックして関心のあるところに応募してみましょう。
リクナビNEXT
求人情報が気になる方は登録無料の求人数業界最大級のリクナビNEXT

リクルートエージェント
海外転職を失敗したくない方は相談無料のリクルートエージェント

スポンサーリンク


中国の求人情報で絶対に確認すべき点【給料と福利厚生】

中国の求人サイト上で必ず確認すべき事項があります。

 

入社後にトラブルに発展することが多々発生するので、「給料」と「福利厚生」については面接時にしっかりと確認しましょう。

 

今回は求人で確認すべきポイントとその中国での現状をお伝えします。

 

【給料】

給料で確認すべきポイント!
1年目、2年目、3年目とどれくらい給料がアップしていくのか面接時に確認しましょう。
(給与交渉しないと基本的に基本給は上がりません)

≫上海現地採用の給料は安すぎ!給与交渉では解決できない日本人の現状

 

まずは、上海での業種別の給料を紹介しますので、目安にしてみてください。

 

上海現地採用の給料情報6選

  1. メーカー 10,000元~20,000元/月(約170,000円~340,000円/月)
  2. 物流 14,000元~25,000元/月(約224,000円~400,000円/月)
  3. IT 15,000元~25,000元/月(約240,000円~400,000円/月)
  4. コンサル会社 15,000元~25,000元/月(約240,000円~400,000円/月)
  5. 商社副総経理(副社長) 22,000元×28,200元/月(約352,000円~451,000円/月)
  6. メーカー開発責任者 28,200元~70,000元/月(約451,000円~1,120,000円/月)

①メーカー 10,000元~20,000元/月

上海でのメーカーの求人情報の写真
上海でのメーカーの求人情報

②物流14,000元~25,000元/月

上海での物流の求人情報の写真
上海での物流の求人情報

③IT 15,000元~25,000元/月

上海でのITの求人情報の写真
上海でのITの求人情報

④コンサル会社 15,000元~25,000元/月

上海でのコンサルの求人情報
上海でのコンサルの求人

⑤商社副総経理(副社長) 22,000元~28,200元/月

上海での商社副総経理ポジションの求人情報の写真
上海での商社副総経理ポジションの求人情報

⑥メーカー開発責任者 28,200元~70,000元/月

上海でのメーカー開発責任者ポジションの求人情報の写真
上海でのメーカー開発責任者ポジションの求人情報

現在上海の現地採用の給料は最低10,000元/月、多くて15,000元/月が相場です。

 

家賃手当がなく10,000元以下/月の求人だと上海での生活は困難になります。上海の現地採用者が住む家賃の相場3000元~3500元

 

上海の生活費はこちらの記事で確認できますので、給料と見合わせながらどの程度の生活レベルになるか想像することができます。
≫上海の生活費は単身で1カ月いくら?【現地採用者の電子版支払い記録を大公開】

 

【福利厚生】

福利厚生も中国で働く場合には面接時に確認する必要があります。

 

特に注意するのは「住宅手当」「残業代」です。住宅手当と残業代の有無で生活レベルが大きく変わってきます。

 

ココが注意点!
住宅手当や残業代は求人サイトには掲載されていない場合がほとんどです。

 

特に住宅手当については面接時に求職者から要望を出すのが当たり前ですので、必ず面接時にはチェックしましょう。
>海外面接で必ず質問されること・中国と日本の面接の違い【海外就職の不安解消】

 

中国現地採用の福利厚生の現実についてさらに詳しく知りたい方向け。
≫上海現地採用の手当・福利厚生の待遇はバイト以下で将来が不安になる話

 

【その他】

本社採用はあるの?
→メーカーなどでは2、3年働くと駐在員と同じ本社採用扱いにしてくれるところがあります。給料もアップして、手当もよくなるので、確認してみましょう。

 

試用期間は?
→中国では試用期間の急な延長や試用期間中にクビになることが本当に存在します。

 

試用期間から正社員になるプロセスもしっかりと確認しましょう。

スポンサーリンク


アドバイス

中国で求められる日本人の人材は【長期で働けて、ストレス耐久のある人】です。

 

【長期で働ける人】

→独身者や中国人と結婚している人は日本に帰国する理由がないので、採用側も長期的に働いてくれる可能性があると思い採用されやすいです。

 

【ストレス耐久のある人】

→日本とは仕事環境が異なり、中国人と一緒に働かなくてはならないので、日本では考えられないことが頻繁に発生をします。
≫中国のビジネス文化の特徴!『中国人とビジネスをする難しさや注意点』

≫驚愕!中国のビジネスマナー【海外と日本のビジネスマナーの違い】

 

トラブルが発生した時にはストレスを感じるかもしれませんが、そのストレスに耐えられるような人でないと中国で働くことは難しいです。
≫中国での仕事で日本人がストレスを感じる理由?【現地採用者の体験談】

 

 

給料額によっても中国で求められている人材はもちろん異なります。

【月給10,000元~15,000元の人】

中国語が話せないことは採用する側も理解しています。よって、このような人たちには日系企業の開拓が求められています。

 

中国語をマスターして中国企業の開拓までできると給料アップの可能性があります。

 

この月収の人物像は、中国が好きで、チャレンジ精神があり、安い給料で働けるような人です。

 

【月給20,000元以上の人】

会社の責任あるポジジョンを任されるので、中国語はもちろんビジネスレベルで、業務上での専門知識が求められます。

 

優秀な人材であることはもちろんのこと責任感があり、トラブル発生時に現地スタッフと共に解決できる人が求められます。

 

現地採用として、給料をアップさせるには現地での経験値も必要とされます。

スポンサーリンク


 

 

求められる人物像をしっかりと把握して、求人サイトを見極めることはとても大事です。入社後のミスマッチにも発展します。

 

求人サイトに掲載されている内容を全て真に受けてはいけないですし、求人サイトに掲載されている内容が全てではありません。

 

中国特に上海では日本での留学経験のある中国人が起業した会社で、日系企業相手に商売をしている会社がたくさん存在していて、日本人の求人は沢山存在します。

 

そのような会社はリクルートなどの日本の大手サイトでは募集していないので、現地上海に行かなくてはこのような求人を知ることはできません。

 

中国で現地採用として働くチャンスは誰にでもありますので、是非チャレンジしてみてください。

 

最後に!

中国で以下のような求人は存在しません。。。

  • 新卒
    →社会人経験2年以上必要
  • 学歴不門
    →大学卒以上必要
  • 60歳以上

その理由は就労ビザを取得できないからです。
中国での就労ビザの条件

 

現地採用の悩み事はこちらのページより全て解決できます!

 

やっぱり一番安心できるのはリクルート
中国転職で失敗したくない、憧れの海外で働きたい方!

多くのサイトやエージェントを勧められても、どこに登録すればいいの?リクルート1本にして、これまで伝授した活用方法を活かしてみてください。求人数は業界トップクラスで登録は無料!海外転職は半年はかかり、求人の入れ替わりはとても早いです。
リクナビNEXT
求人情報が気になる方は登録無料の求人数業界最大級のリクナビNEXT

リクルートエージェント
海外転職を失敗したくない方は相談無料のリクルートエージェント

 

 

スポンサーリンク