上海-蘇州区間の高速鉄道に乗るときに日本人観光客が注意したほうがいいポイント15選


上海から高速鉄道を利用すると約25分で蘇州に到着します。
高速鉄道は日本でいう新幹線と考えてもらえるといいでしょう。
中国の高速鉄道は日本の新幹線とは勝手が違うので、初めて利用する日本人観光客は注意が必要です。

上海から蘇州の区間は、日本人観光客がよく利用する路線です。
初めて利用する人にはわかりにくいポイントがいくつもあります。
実際に私も初めて利用したときは、わからないことだらけで困りました。
そこで初めて上海や蘇州を観光される人でも安心して利用できるように、「とくに注意したほうがいいポイント15選」を紹介いたします。
下記の地図でも確認できるように、上海と蘇州(苏州)はとても近いので、是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。
日本で喩えるなら、京都から奈良に観光に行くような感覚が楽しむことができますよ。

上海-蘇州区間の高速鉄道に乗るときに日本人観光客が注意したほうがいいポイント15選

上海-蘇州区間の高速鉄道に乗るときの注意ポイントは以下の15点です。

上海-蘇州区間の高速鉄道に乗るときに日本人観光客が注意したほうがいいポイント15選
注意点①高速鉄道の駅は上海に3駅、蘇州に3駅ある
注意点②路線は上海駅-蘇州駅をおすすめ
注意点③上海駅では北広場でチケット購入すること
注意点④チケット売り場では自動券売機は利用できない
注意点⑤チケット売り場では「售3 日内全国各站车票」の列に並ぶ
注意点⑥窓口では行先だけを伝える
注意点⑦中国の長期休暇時にはチケットが購入できない可能性がある
注意点⑧チケット売り場の窓口は24時間営業ではない
注意点⑨セキュリティーチェックの入口では自動改札口は利用できない
注意点⑩中国の高速鉄道では荷物検査がある
注意点⑪搭乗手続きもスタッフのいる列に並ぶ
注意点⑫ホームで車両の到着位置は電光掲示板で確認するしかない
注意点⑬座席はしっかりと確認する
注意点⑭到着アナウンスは中国語と英語のみ
注意点⑮地下鉄の改札口を出て高速鉄道に搭乗するまで15分程かかる

それでは詳しく説明していきます。



注意点①高速鉄道の駅は上海に3駅、蘇州に3駅ある

上海の出発駅と蘇州の到着駅は、目的地に合わせてしっかりと確認しておきましょう。

上海の高速鉄道の3駅とそれぞれの駅からの利用が便利な主な有名観光地は次の通りです。

1.上海駅(中国語表記:上海站)
上海駅から行ける有名観光地:外灘 (移動時間約18分)

外灘の写真
外灘
外灘までは地下鉄上海駅1号線乗り、3駅先の人民広場駅で2号線に乗り換えて1駅先の南京東路駅(所要時間13分)で下車します。
上海站からの地下鉄代は3元です。
上海駅→地下鉄上海駅1号線→人民広場駅2号線乗換→南京東路駅→徒歩
南京東路駅で下車して徒歩5分ほどで有名観光地「外灘」に到着します。

2.上海虹橋駅(中国語表記:上海虹桥站)
上海虹橋駅から行ける有名観光地:豫園 (移動時間約37分)

豫園の写真
豫園

豫園までは地下鉄上海虹橋駅10号線乗り、14駅先の豫園駅(所要時間35分)で下車します。
上海站からの地下鉄代は5元です。
上海虹橋駅→地下鉄上海虹橋駅10号線→豫園駅→徒歩
豫園駅で下車して徒歩2分ほどで有名観光地「豫園」に到着します。

3.上海南駅(中国語表記:上海南站)
上海南駅から行ける有名観光地:田子坊 (移動時間約19分)

田子坊の写真
田子坊
田子坊までは地下鉄上海南駅1号線乗り、3駅先の徐家汇駅で9号線に乗り換えて3駅先の打浦駅(所要時間18分)で下車します。
上海南駅からの地下鉄代は4元です。
上海南駅→地下鉄上海南駅1号線→徐家汇駅9号線乗換→打浦駅→徒歩
打浦駅で下車して徒歩1分ほどで有名観光地「田子坊」に到着します。

蘇州の高速鉄道の3駅とそれぞれの駅からの利用が便利な主な有名観光地は次の通りです。

1.蘇州駅(中国語表記:苏州站)
蘇州駅から行ける有名観光地:留園 (移動時間約10分)

留園の写真
留園

留園までは地下鉄蘇州駅2号線乗り、2駅先の石路駅(所要時間5分)で下車します。
蘇州駅からの地下鉄代は2元です。
蘇州駅→地下鉄蘇州駅2号線→石路駅→徒歩
石路駅で下車して徒歩5分ほどで有名観光地「留園」に到着します。

2.蘇州北駅(中国語表記:苏州北站)
蘇州北駅から行ける有名観光地:盤門景区 (移動時間約41分)

盤門景区の写真
盤門景区
盤門景区までは地下鉄蘇州北駅2号線乗り、9駅先の蘇州駅で4号線に乗り換えて5駅先の南門駅(所要時間36分)で下車します。
蘇州北駅からの地下鉄代は5元です。
蘇州北駅→地下鉄蘇州北駅2号線→蘇州駅4号線乗換→石門駅→徒歩
石門駅で下車して徒歩5分ほどで有名観光地「盤門景区」に到着します。

3.蘇州園区駅(中国語表記:苏州园区站)
蘇州園区駅から行ける有名観光地:拙政園 (移動時間約34分)

拙政園の写真
拙政園
拙政園までは地下鉄園区駅3号線乗り、5駅先の東方之門駅で1号線に乗り換えて5駅先の臨頓路駅(所要時間24分)で下車します。
蘇州園区駅からの地下鉄代は3元です。
蘇州園区駅→地下鉄蘇州園区駅3号線→東方之門駅1号線乗換→臨頓路駅→徒歩
臨頓路駅で下車して徒歩10分ほどで有名観光地「拙政園」に到着します。

上海の高速鉄道3駅と蘇州の高速鉄道3駅はすべて地下鉄と繋がっているので、地下鉄の改札口を出てすぐのところにあります。
地下鉄の乗り方をマスターすると高速鉄道駅-市内への行き来がとても簡単にできます。

注意点②路線は上海駅-蘇州駅をおすすめ

上海駅と蘇州駅は各市内中心部から一番近く、アクセスがとてもいいです

上海駅と蘇州駅は各市内中心部から一番近く、アクセスがとてもいいので観光するときには便利です。
上海市内から地下鉄で上海駅へ行くのも、蘇州駅から地下鉄で蘇州市内まで行くのもとても近いのです。
上海駅から蘇州駅までは約25分で到着します。
上海の各高速鉄道駅と市内中心の位置関係は以下の画像からご確認ください。

上海の高速鉄道駅と市内中心の位置関係を確認する画像
上海の高速鉄道駅と市内中心の位置関係を確認

以下の画像は上海の地下鉄マップです。

上海の地下鉄マップの写真
上海の地下鉄マップ

蘇州の各高速鉄道駅と市内中心の位置関係は以下の画像からご確認ください。

蘇州の高速鉄道駅と市内中心の位置関係を確認する画像
蘇州の高速鉄道駅と市内中心の位置関係を確認

以下の画像は蘇州の地下鉄マップです。

蘇州の地下鉄マップの写真
蘇州の地下鉄マップ

上海-蘇州区間の高速鉄道の時刻表と料金はこちらをご確認ください 。
「Trip.com」を使うのが便利でおすすめです。
時刻表の確認方法は以下の通りです。

  1. 「高速鉄道のみ」にチェックを入れる
  2. 「下車駅」をタップする
  3. 「蘇州」を選択する
「Trip.com」の上海-蘇州区間の高速鉄道の時刻表を確認する画面の様子を撮影したスクショ画像①下車駅に「蘇州」を選択している様子。
上海-蘇州区間の高速鉄道の時刻表を確認するために下車駅に「蘇州」を選択

「高速鉄道のみ」にチェックを入れ、下車駅に「蘇州」を選択したら、次は「往路」と「復路」の希望日を選択します。
「列車番号」は空白のままで問題ありません。
最後に検索マークの虫眼鏡マークをタップします。

「Trip.com」の上海-蘇州区間の高速鉄道の時刻表を確認する画面の様子を撮影したスクショ画像②往路と復路日を選択している様子。
往路と復路日を選択する

絞込検索や日時の再設定も可能です。

上海-蘇州区間の高速鉄道の時刻表の絞込検索画面の様子をスクショした画像
上海-蘇州区間の高速鉄道の時刻表を確認するときは「絞込検索」も可能
基本上海-蘇州区間の高速鉄道はノンストップで到着します。
所要時間が30分以上かかる場合の鉄道を選択した場合は、途中停車するので「車両No」をタップすると停車駅と停車時刻を確認できます。
例:所要時間38分の場合
上海駅
↓12分
南翔北駅
↓15分
昆山南駅
↓13分
蘇州駅
上海-蘇州区間の高速鉄道の通過駅を確認するために車両Noをタップしている画面の写真
上海-蘇州区間の高速鉄道の通過駅を確認するために車両Noをタップ

上海-蘇州区間は1時間に10本ほど運行していますが、上海出発駅と蘇州到着駅はそれぞれ3つありますので注意しましょう。

ちなみに現地の窓口でチケットを購入すると、上海虹橋駅-蘇州駅区間が34.5元です。
それ以外の区間の上海駅-蘇州などは39.5元です。
上記のサイト(Trip.com)は手数料(1枚152円)も含まれています。

1元≒16元で換算した場合の上海駅-蘇州区間の料金比較
窓口でチケットを購入場合:約632円(39.5元)
Trip.comでチケットを購入した場合:751円
→約119円 窓口でチケットを購入した方がお得
「Trip.com」の上海-蘇州区間の高速鉄道の一人の場合のチケットの料金751円を確認する画面の様子を撮影したスクショ画像
上海-蘇州区間の高速鉄道の一人の場合のチケットの料金751円

ちなみにTrip.comの手数料は1枚あたり152円ですので、二人の場合は152円×2人=304円です。

「Trip.com」の上海-蘇州区間の高速鉄道のチケットは1枚当たり152円の手数料を確認する画面の様子を撮影したスクショ画像
上海-蘇州区間の高速鉄道のチケットは1枚当たり152円(2名で304円)の手数料




注意点③上海駅では北広場でチケット購入すること

南広場より北広場からのほうがスムーズにチケット売り場まで行けます。

南広場より北広場からのほうがスムーズにチケット売り場まで移動することができるのでおすすめです。
上海駅では北広場(铁路上海站北广场)と南広場(铁路上海站南广场)でチケットを購入することができます。
ちなみに以前は北広場には自動券売機しかなく、身分証明書を持っている中国人のみがチケットを購入することができました。
日本人を含め、外国人は窓口のある南広場でしか購入することができませんでした。
しかし、2020年7月26日現在では北広場にも窓口が設置されているため、日本人でもチケットを購入することができます。

それでは、上海駅の地下鉄改札口を出て、北広場と南広場のチケット売り場まで行く方法をご説明します。

上海駅の地下鉄改札口から北広場に行く方法

地下鉄の改札口を出ると案内掲示板があります。
北広場(铁路上海火车站北广场)に行くために右に向かいます。

地下鉄の改札口を出たところの案内掲示板を撮影した写真
地下鉄の改札口を出たところの案内掲示板

铁路上海火车站北广场と書かれた左へ進んでいきます。
案内の矢印に従って30mほど進み、エスカレーターを上ると1番出口に到着します。

北広場に向かうための案内掲示板を撮影した写真
北広場に向かうための案内掲示板

1番出口にも案内看板がありますので、铁路上海站售票处(チケット売り場)と铁路上海站北广场进站口(北広場搭乗口)を目指します。

1番出口の案内掲示板を撮影した写真
地下鉄1番出口の案内掲示板の様子

1番出口のところの案内看板の示す通り左を向くと建物が見えます。
下の画像の薄い茶色の建物がチケット売り場です。

北広場の铁路上海站售票处(チケット売り場)の外観を撮影した写真
北広場の铁路上海站售票处(チケット売り場)の外観

チケット売り場(铁路站售票处)入口の様子です。

北広場の铁路上海站售票处(チケット売り場)入口の様子を撮影した写真
北広場の铁路上海站售票处(チケット売り場)入口の様子

窓口で行き先とパスポートを提示したら発券してくれます 。

北広場の铁路上海站售票处(チケット売り場)窓口の様子を撮影した写真
北広場の铁路上海站售票处(チケット売り場)窓口の様子

チケット売り場を出て、搭乗口(铁路进站口)に行くため左に向かいます。
案内掲示板の「铁路进站口」と書かれたほうへ進んでください。

北広場の铁路上海站售票处(チケット売り場)入口の様子を撮影した写真
北広場の铁路上海站售票处(チケット売り場)入口の様子

セキュリティーチェック(安检口)のラインに並びます。

搭乗口のセキュリティーチェック(安检口)ポイントの様子を撮影した写真
搭乗口のセキュリティーチェック(安检口)ポイントの様子の様子

上海駅の地下鉄改札口から南広場に行く方法

地下鉄の改札口を出ると案内があります。
南広場(铁路上海火车站南广场)に行くために右に向かいます。
ここまでは北口広場に行くときも同じですね。

地下鉄の改札口を出たところ案内掲示板を撮影した写真
地下鉄の改札口を出たところの案内掲示板

南広場に行くために2番出口に向かいます。

南広場に向かうための案内掲示板を撮影した写真
南広場に向かうための案内掲示板

2番出口まで約300mほど直進します。
铁路南广场と書かれているほうへ進んでください。

南広場に向かうための案内掲示板を撮影した写真
南広場に向かうための案内掲示板

2番出口に到着すると案内が見つかります。
チケット売り場(铁路上海站售票处)に 向かうために地下道を通ります。

2番出口の案内掲示板を撮影した写真
2番出口の案内掲示板

チケット売り場(铁路上海站售票处)に行くには、左右どちらに進んでも構いません。

2番出口の地下道に設置された案内掲示板を撮影した写真
2番出口の地下道に設置された案内掲示板

今回は、矢印の右側のルートを進んでみることにしました。
10mほど直進するルートとなっていて、上りのエスカレーターがあります。
このエスカレーターを上ると左側にチケット売り場があります。

南広場の铁路上海站售票处(チケット売り場)入口の様子を撮影した写真
南広場の铁路上海站售票处(チケット売り場)入口の様子

こちらも北広場の窓口と同じで、行き先とパスポートを提示したら発券してくれます 。

上海駅南広場の铁路上海站售票处(チケット売り場)窓口の様子を撮影した写真
上海駅南広場の铁路上海站售票处(チケット売り場)窓口の様子

チケットを購入したら、先ほどの地下道を通り、2番出口のところまで戻ります。
次に、搭乗口(铁路上海站)に行くために右に向かいます。

2番出口の案内掲示板を撮影した写真
2番出口の案内掲示板

途中の案内標識に従って、搭乗口(进站口)を目指します。

搭乗口(铁路上海站)に向かう途中の案内掲示板を撮影した写真
搭乗口(铁路上海站)に向かう途中の案内掲示板

セキュリティーチェック(安检口)のラインに並びます。

南広場搭乗口のセキュリティーチェック(安检口)ポイントの様子を撮影した写真
南広場搭乗口のセキュリティーチェック(安检口)ポイントの様子の様子

チケット売り場まで行くのなら、北広場に向かうことをおすすめします。
北広場まではとてもシンプルで、初めてでもすんなり到着することができると思いますが、南広場はとても複雑で迷ってしまうかもしれませんね。



注意点④チケット売り場では自動券売機は利用できない

自動券売機は中国の身分証明書を持っている中国人しか利用することはできません。
自動券売機は身分証明書も持っている中国人のみ利用可能で、日本人や外国人はパスポートを持っていてもチケットを購入することはできません。
そのため、窓口の列に並ぶ必要があります。
上海駅の自動券売機付近の様子を撮影した写真
上海駅の自動券売機

注意点⑤チケット売り場では「售3 日内全国各站车票」の列に並ぶ

間違った列には並ばないように気を付けましょう!

初めて上海駅で高速鉄道のチケットを買うときに気をつけてほしいのは、チケットを買う窓口の種類です。
緑色で「售3日内全国各站车票(3日以内に全国各地で利用できるチケット)」と書かれた窓口の列に並ぶと購入することができます。
赤色で「停止售票(チケット販売停止)」と書かれた窓口には並ばないようにしましょう。
チケットをサイト等から予約済みの人も「售3日内全国各站车票」の列に並び、スマホの予約画面や控えを見せてチケットを購入しましょう。

上海駅のチケット売り場「售3日内全国各站车票」窓口の様子を撮影した写真
上海駅のチケット売り場「售3日内全国各站车票」窓口の様子

チケットをキャンセルするときには、緑色で「退票」と書かれた窓口の列に並び、その旨を伝えましょう。

上海駅のチケット売り場「退票」窓口の様子を撮影した写真
上海駅のチケット売り場「退票」窓口の様子

注意点⑥窓口では行先だけを伝える

窓口では大きな声で行先だけを伝えれば発券してくれます

行先を文字で書いて知らせる場合は、中国語表記で書く必要があります。
例えば蘇州なら「苏州」と書かなくては伝わりません。
発音もソシュウではなく、「スージョー」と伝えましょう。

上海駅発の高速鉄道なら全て蘇州駅に到着します。
行先だけを伝えると、約1時間後に出発する高速鉄道の2等席(指定席)を発券してくれます。
英語も基本的に通じるので、簡単にチケットを購入できます。

中国の高速鉄道には自由席はなく、すべて指定席です。
しかし、指定席がすべて購入されて満席の場合、无座(ウーズオ)というチケットが存在します。
これは指定席に何らかの理由で乗客がいないときに座ってもいいというチケットです。
空席の指定席が見つからなければ立たなくてはいけません。
希望の時間に席がないと言われたらり、明らかに遅い出発時刻を勧められたりされた場合は可以无座(クーイーウーズオ)と伝えますしょう。

以下の中国語での言い方も役に立つので覚えておきましょう。

隣同士の席をお願いします→并排的座位(ビンパイダズオウェイ)
通路側の席をお願いします→靠走道的座位(カオゾウダオダズオウェイ)
窓際の席をお願いします→靠窗的座位(カオチュアンダズオウェイ)

しかし、おそらく発音しても伝わらないので、英語や中国語に自信がない方は、紙に書いて伝えることをおすすめします。
それが手間と思うのであれば、座席の指定をするときは、アプリでチケットを購入することが賢明でしょう。




注意点⑦中国の長期休暇時にはチケットが購入できない可能性がある

中国の長期休暇の春節と国慶節には利用するのは控えましょう

中国の長期休暇である春節(だいたい1月24日~2月2日まで)と国慶節(だいたい10月1日~10月8日まで)には、なるべく高速鉄道を利用するのは控えたほうがいいです。
なぜなら、春節と国慶節は実家に帰省する人が多く、かなり混雑していてチケットが購入できない可能性が高いからです。

中国では毎年12月に来年度の春節と国慶節の休日が政府から発表されます。
毎年休日は変わるので、12月になったら「中国 202〇年 カレンダー」と検索すれば正確な日にちを調べることができます。

 

https://ameblo.jp/jpeastday/image-12566700591-14695365369.html
2020年春運初日、上海の各鉄道駅の出発旅客数は、推計で平日より10万人増の約39万人に達した。駅別では上海虹橋駅が22.3万人、上海駅が11.0万人、上海南駅が5.5万人となった。

 

注意点⑧チケット売り場の窓口は24時間営業ではない

チケット売り場の窓口の営業時間は7時~22時(目安)ぐらいです

日本人は自動券売機でチケットを購入することができないので、売り場の窓口で購入する必要があります。
時間帯によっては、最悪の場合、窓口が開いていない可能があることも考えておきましょう。
早朝や深夜にチケットを購入する場合はとくに要注意です。

注意点⑨セキュリティーチェックの入口では自動改札口は利用できない

セキュリティーチェックの入口ではスタッフのいるところに並びましょう!

セキュリティーチェックの入口では、身分証明書をもっている中国人しか自動改札口を利用することができません。
そのため、日本人や外国人はスタッフがいる列に並ぶ必要がありますので注意しましょう。

上海駅北口のセキュリティーチェック入口の様子を撮影した写真
上海駅北口のセキュリティーチェック入口の様子
上海駅南口のセキュリティーチェック入口の様子を撮影した写真
上海駅南口のセキュリティーチェック入口の様子

下の画像をご覧下さい。
画像中央右のスタッフに、パスポートとチケットを見せてセキュリティーチェックを受けます。

上海駅高速鉄道のセキュリティーチェックの様子を撮影した写真
上海駅高速鉄道のセキュリティーチェックの様子

注意点⑩中国の高速鉄道では荷物検査がある

中国の高速鉄道は、日本の新幹線に乗車するときとは違い、荷物検査があります!

中国の高速鉄道では空港同様に手荷物検査を行います。

上海駅高速鉄道の手荷物検査の様子を撮影した写真
上海駅高速鉄道の手荷物検査の様子

高速鉄道の規約によると以下の物品の持ち込みは禁止されているようです。

  • 危険物(ナイフや銃など)
  • 爆発物
  • 動物
  • ライター
  • ムースやヘアスプレー(120mlまで)など

高速鉄道の持ち込み禁止物は飛行機の手荷物検査と同じ基準で考えていいでしょう。
しかし、空港より高速鉄道の手荷物検査の方が緩いです。
危険物、爆発物、動物は持ち込みを禁止されますが、ライター、ムース、スプレーなどは簡単に持ち込めます。
時々手荷物検査に引っ掛かり検査官に止められる人を見かけますが、バックを開けて物品を見せれば空港のように没収されることはありません。

荷物検査を通過したら、目の前の電光掲示板で自分が乗車する車両番号を確認しましょう。
私のチケットの場合、車両番号は「G7084」でした。

私が購入した上海から蘇州までの高速鉄道チケットを撮影した写真。車両番号G7084と書かれている
私が購入した上海から蘇州までの高速鉄道チケットの車両番号はG7084

電光掲示板を見ると、候车室(待合室)は7と書かれています。

上海駅高速鉄道の電光掲示板の様子を撮影した写真
上海駅高速鉄道の電光掲示板の様子7084

日本の新幹線とは違い、中国の高速鉄道には候车室(待合室)があります。
待合室は以下の写真のようなロビーになっており、列車の到着待ち(候车)なのでたくさんの人が待機しています。

上海駅高速鉄道の候车室(待合室)の様子を撮影した写真
上海駅高速鉄道の候车室(待合室)の様子
候车室(待合室)にはコンビニ、トイレ、充電スポットがあります。
上海駅高速鉄道の候车室(待合室)にあるコンビニの外観の様子を撮影した写真
上海駅高速鉄道の候车室(待合室)にあるコンビニ
上海駅高速鉄道の候车室(待合室)にあるトイレの入口付近の様子を撮影した写真
上海駅高速鉄道の候车室(待合室)にあるトイレ
上海駅高速鉄道の候车室(待合室)に設置された携帯電話の充電ブースの様子を撮影した写真①
上海駅高速鉄道の候车室(待合室)に設置された携帯電話の充電ブースの様子
上海駅高速鉄道の候车室(待合室)に設置された携帯電話の充電ブースの様子を撮影した写真②
上海駅高速鉄道の候车室(待合室)に設置された携帯電話の充電ブースの様子

電光掲示板が青い文字の正在检票(搭乗手続き開始)になったら、ホームに降りるためにゲートに向かいましょう。
出発時刻の15分前くらいに候车から正在检票の表示に変わります

搭乗手続きが開始されたことを知らせる上海駅高速鉄道の電光掲示板の様子を撮影した写真
搭乗手続きが開始されたことを知らせる上海駅高速鉄道の電光掲示板



注意点⑪搭乗手続きもスタッフのいる列に並ぶ

搭乗手続きの際も、日本人はスタッフのいる列に並び、パスポートとチケットを見せましょう。

日本人を含む外国人はスタッフのいる列に並んでチケットとパスポートを見せる必要があります。

上海駅高速鉄道の搭乗手続きの様子を撮影した写真
上海駅高速鉄道の搭乗手続きの様子

ちなみに中国人は自動改札口で通過できます。

上海駅高速鉄道の中国人専用自動改札口の様子を撮影した写真
上海駅高速鉄道の中国人専用自動改札口の様子

注意点⑫ホームで車両の到着位置は電光掲示板で確認するしかない

車両の到着位置は電光掲示板で確認をしましょう。

日本の新幹線のように、ホームの乗り場に車両の到着位置の案内があるわけではないので、電光掲示板で確認をしてください。

私が購入した高速鉄道のチケットを撮影した写真
2号車の04A席と書かれたチケット
上海駅高速鉄道のホーム内の電光掲示板の様子を撮影した写真
電光掲示板にその位置の車両番号が書かれている

到着した車両からも車両Noを確認することができます。

上海駅ホームに到着した高速鉄道の車体に表示された車両番号を撮影した写真
到着した車両からも車両Noを確認することができる

注意点⑬座席はしっかりと確認する

中国では、自分の座席に知らない人が座っていることが多いので注意しましょう。
指定席を購入したにも関わらず、自分の席に知らない人が間違って座っていることがよくあります。
チケットの座席番号を見せると気づいて席を離れてくれます。
慌てずに座席番号を確認して、どいてもらうようにしましょう。
车窗は窓側という意味です。
过道は通路側という意味です
上海高速鉄道の座席表示を撮影した写真
上海高速鉄道の座席表示

車内様子は広々として綺麗です。

上海高速鉄道の車内の様子を撮影した写真
上海高速鉄道の車内の様子

車両によっては、コンセントがあって充電ができるようですが、今回乗車した車両にはコンセントがついていませんでした。

上海高速鉄道の座席の様子を撮影した写真
上海高速鉄道の座席の様子

注意点⑭到着アナウンスは中国語と英語のみ

到着アナウンスは中国語と英語のみです!到着予定時間に近づいたら降りる準備をしましょう!

到着駅が近づくと、車内の電光掲示板に案内が表示されるので確認しましょう。
蘇州の中国語表記は「苏州」です。
「蘇州」とは表示されないので、注意が必要です。
発音も「ソシュウ」ではなく「スージョー」です。

上海高速鉄道車内の電光掲示板の様子を撮影した写真
上海高速鉄道車内の電光掲示板には中国語表記で地名が表示される

英語では「Suzhou」と表記されます。

上海高速鉄道車内の電光掲示板の様子を撮影した写真
上海高速鉄道車内の電光掲示板には英語でも地名が表示される

 

注意点⑮地下鉄の改札口を出て高速鉄道に搭乗するまで15分程かかる

30分ぐらい余裕をみていれば問題なく乗車できるでしょう!

先ほどもご説明しましたが、チケットを購入したり、移動したりで時間がかかります。
今回はだいたい15分くらいかかりました。
上海駅から蘇州駅まで高速鉄道を使っての移動が初めての場合は、30分前ぐらいに上海駅に到着していると慌てることもないので、おすすめです。