中国での日本人の転職事情【中国企業に実際に転職してみた】

将来は中国で働きたいが、就職後に転職せざるを得ない状況になったらどうしようかと心配している人もいるのではないでしょうか?

 

中国現地採用希望者
職場に適応できなかったら転職は簡単なの?クビや倒産したときにすぐに転職先は見つかるの?キャリアアップするたの転職先はあるの?

 

【結論】

中国での転職は日本人にとっては簡単です!

 

日本で働いているとなかなか手に入らない生の中国の転職情報を現役の上海現地採用者が発信していきます。

  1. 中国での日本人の転職事情は?
  2. 中国で日本人が転職する原因
  3. 中国企業に転職するとは?

 

スポンサーリンク


中国での日本人の転職事情は?

中国では日本人にとって売り手市場であり現地採用でも駐在員でも簡単に転職が可能です。
≫中国現地採用の求人の特徴【日本人には絶対に働くチャンスがあります】

 

さらに、中国語が話せなくても日系企業が多く進出しており求人も多いので、転職でキャリアアップに成功した人も多く見かけます。
≫中国現地採用の語学力不問が本当の理由は?【中国語・英語は不要】

 

中国で働いている日本人のほとんどは転職経験があり、強者は10回以上あります。

 

日本だと転職回数の多い人は職場に適用できない人などとレッテルを張られることはありますが、ここは中国ですのでそのようなことはありません。

 

経営者も従業員が転職することは自分の会社に魅力がなかったと考えますし、転職は当たり前の文化があります。

現地採用の転職理由【給料アップ】

現地採用は給料が低いので、少しでもいい環境を求めて転職活動をします。

 

営業などをしていると転職先の会社を紹介してもらえることもあります。とてもオープンな感じですので他社の給料や福利厚生などの情報が入ってくるので他社との比較がしやすい環境です。

 

現地採用の手当は悪いため、環境のいい会社を見つけるとすぐに転職する傾向があります。
≫上海現地採用の手当・福利厚生の待遇はバイト以下で将来が不安になる話

駐在員の転職理由【帰任したくない】

駐在員の中には中国で新たな挑戦をしたいと思い、転職活動をする人がいます。駐在員は会社から帰任命令があると日本に帰国しなくてはいけません。

 

しかし、中国でまだまだ働きたいという理由から駐在員は中国で転職活動をします。そのほとんどが、中国で知り合った友人に職を紹介してもらい役職のある立場で転職する人が多いです。

 

一部の人は起業をします。

スポンサーリンク



転職回数は多い

中国で働いている50%の日本人は一度は中国国内で転職経験があると思います。

 

私の勤めている会社も入れ替わりがとても激しいので、3年半働いて多くの人を見てきました。そこで同僚が会社を辞めて転職した事例を紹介していきます。
≫現地採用のキャリアは日本帰国後の就職活動に絶対に活かせます!

<A社を私が働いている会社とします>

転職回数1回

40代男性の同僚
A社を退職して中国で展開する飲食店に転職しました。
転職回数0回
30代女性の同僚
結婚を機に転職はせずに日本に帰国しました。
転職回数2回
40代女性の同僚
A社を退職後、飲食店に転職をして、その後出戻りでA社に戻ってきて、最後は親の介護のために日本へ帰国しました。
転職回数2回
30代男性の同僚
中国の田舎で日本語教師として働き、その後A社に転職してきて、その後さらに転職をしてテーラーになりました。
転職回数3回
20代女性の同僚
A社を退職して病院スタッフ→メディア関係→コンサル会社に転職しました。

スポンサーリンク


中国で日本人が転職する原因は?

中国で就職したもののやはり転職を考える人が大勢います。

 

その原因は日本で働いていた時と同じ原因であったり、中国特有の原因であったりさまざまです。これから私と同僚が中国で転職を考える原因となったことを紹介していきます。

 

【自分が転職を考えることになった原因】

1度目は人間関係

元旦と中国の旧正月で続けて有給休暇の申請をすると日本人上司から先月も有給休暇の申請をしたのでダメと言われました。しかし、上司自身は続けて有給休暇を取得をしています。

 

中国まで来て理不尽なこと言われ、ばかばかしくてやめようと思い転職を考えるようになりました。しかし、3カ月もしないうちに上司が辞めていったので転職活動は一旦やめました。

 

日本から中国に来る一部の人は癖があったり、良識にかけたりするような人が多いのも現実です。現地採用は基本転勤はないので、職場の人間関係が悪化すると少しやめたくなってしまいます。

 

2度目は会社に対しての不信感

私がミスをしてしまい、小さな損害が発生してしまいした。その損害額を自腹を切れと中国人の副総経理から言われました。

 

理不尽なこともあり、会社をやめて転職しようと思いまいしたが、少額の罰金だったので諦めて支払いました。意外と時間が経つと気にしなくなってしまいます。

罰金額が記載されている給料明細の写真
罰金額が記載されている給料明細

 

スポンサーリンク


 

【同僚が転職を考えることになった原因】

以下の写真は同僚から送られてきたメッセージです。

同僚が会社をやめたいと言っているときのやり取りの写真
同僚が会社をやめたいと言っているときのやり取り

他の営業所で働く同僚のオフィスの印刷機が壊れたのですが、会社のトップから業績が悪いので修理はしないと言われたそうです。

 

あと2か月で会社を辞める予定なので、修理も安いプリンターを自腹で買うのもあきらめるとの内容です。会社のトップからこのようなことを言われると仕事のモチベーションも下がり、転職を考えますよね。

転職は当たり前!

中国で転職は当たり前です。中国人は基本的に入社する前に何年契約との話があります。

 

日本人は基本的に何年契約との話はしませんが、一部日本人はそのような契約をして更新時に転職をする人や更新できない人がいます。

 

また、日本より理不尽なことは多いので転職をしてよい環境を探す傾向があります。

 

転職が多いからという理由で偏見を持たれることは中国ではなく、転職は当たり前なので、よい職場を探すのも中国ではいいかもしれません。

スポンサーリンク



中国企業に転職するとは?

中国企業に転職することはどういうことを意味しているのかについて紹介していきます。

 

日本と比較しながら中国で働くという現実を知ってください。

 

中国企業に転職する前に考えなくてはいけないこと。

≫中国で現地採用されるメリット7選とデメリット7選とは?4年間勤務してわかったこと

中国に就職するとは

≫中国で働くとは?中国での日本人の就職事情を解説します!

リスク

①雇用リスクがある

日本企業では終身雇用制の考え方は未だに根付いており、正社員として入社すると解雇されることもなく、退職するまで仕事ができなくても雇用してもらえます。

 

しかし、最近日本でもコロナの影響で早期希望退職者を募ったり、リストラされるている記事をよく見かけます。

 

一方、中国はコロナ以前より会社の業績が悪いとクビになったり、営業マンであると成績が悪いとクビになったりすることは多々あります。

日本人でも中国ではそのような扱いをされる可能性があるということを念頭に入れておきましょう。

 

②インセンティブに差がある

特に中国で営業マンだとインセンティブに差があり、ストレスを感じ落ち込むというリスクがあります。
≫中国での仕事で日本人がストレスを感じる理由?【現地採用者の体験談】

 

私の会社ではインセンティブで営業マン同士で約1万元(約16万円)/月も差が開くことがあります。同じ役職で同じ仕事をしているのにこんなに差が開くと精神的にきつくなります。

 

③日本に復帰しにくい

中国企業に転職をすると働き方や仕事に取り組む姿勢など変化が起こります。

 

仕事のやり取りは簡潔化する、仕事よりプライベートを重視する、など考え方が変わり、日本人的な感覚がなくなり日本で復帰するのが難しくなるリスクがあります。
≫日本と中国のビジネス文化の違いは?『中国ビジネスの特徴基礎編』

また、中国の文化や習慣にも触れることでそれが当然のように思えてきて日本での生活も難しくなります。
≫中国の文化・習慣の特徴36選!【日本と違い過ぎて驚きます】

給料

基本的に中国企業に転職すると手取りは多く感じるかもしれません。

 

しかし、福利厚生がなく実際に手元に残る金額は日本より少なくなると考えるといいでしょう。
≫上海現地採用の給料は安すぎ!給与交渉では解決できない日本人の現状

 

私の場合、日本で働いていた時と中国で働いていた時の手取りを比較すると8万円程中国の給料の方が多いです。

 

しかし、日本で働いているときは家賃補助、光熱費など会社もちで、国民年金、厚生年金も納めての手取りでしたので、総額で考えると日本で働いている方が多くもらっています。

ビザ

中国で就職するためには就労ビザを取得しなくてはいけません。

 

1点注意点があります。

 

中国での転職は当たり前とお伝えしましたが、1年未満で転職をする場合は、次の会社に就職するときの就労ビザの申請が厳しくなっているとのうわさも聞きます。

 

ならではですが、転職先の会社であったり、ビザ代行をしている業者であったりお願いするところで就労ビザの取得可否があるので、一度取得できなかったらといってあきらめることはやめましょう。

 

中国の企業に転職を考えている人は最短の失敗しない転職方法を参考にしてみてください。
≫中国のおすすめ転職サイト・転職エージェントはココだ【活用方法も伝授】

 

現地採用の悩み事はこちらのページより全て解決できます!

 

スポンサーリンク