現地採用使えないは本当?中国で働く底辺の現地採用と駐在員を比較してみた!

ネット上では【現地採用使えない】説が飛び交っていますが、海外ではどのような現地採用者が働いているのか興味がありますよね?

 

現地採用希望者
現地採用は使えないというレッテルを貼られて仕事をするの?なぜ使えないと言われるの?駐在員だって使えないのは沢山いるはず。

 

一般的に『現地採用が使えない』と言われる理由は、給料や地位が駐在員と比較され低いからです。
決して現地採用は負け組ではなく、差別を受けることもありません。

 

結論:使えない人材は現地採用にも駐在員にもいます!現地採用だけが使えないわけではありません!

 

私が中国で遭遇したアホな底辺の現地採用と駐在員を紹介していきます。

 

次の内容で説明します。

  1. 現地採用者の特徴
  2. 底辺の現地採用と駐在員の紹介

 

スポンサーリンク


現地採用が使えないと言われる3つの理由

現地採用が使えないと言われる理由は、次の3点が駐在員と比較されるからです。

  1. 仕事に対するモチベーション
  2. 役職
  3. 専門知識

 

仕事に対するモチベーションが低い

現地採用の大多数は海外に移住したいという目的の人で、海外でバリバリ働きたいという人は少数派です。一方、駐在員の大多数は会社からの命令で海外で働いて、将来のステップアップのために仕事をしています。

 

このように仕事へのモチベーションが違い、ワークバランスを重視する現地採用は駐在員と比べて仕事のパフォーマンスが低いと思われて、使えないと言われます。

 

役職がない

現地採用は役職のある駐在員の下で働きます。管理する駐在員と汗を流す現地採用という構図です。

 

よって、役職がないので仕事ができない人=仕事で使えない人とみなされてしまいます。

 

現地採用は役職がついても、給料は上がらず、仕事と責任が増えるだけなので、仕事のパフォーマンスも向上しません。

 

中国現地採用の給料がどれだけ低いのか気になる方!
≫上海現地採用の給料は安すぎ!給与交渉では解決できない日本人の現状

 

専門知識がない

現地採用のほとんどは未経験の業界に飛び込んで働いています。

 

一方、駐在員は日本から派遣されてくるので、もちろんその業界のこと、会社のこと、業務のことは現地採用より詳しいのは当然です。

 

よって、現地採用は一から業務を覚えていかなくてはいけないので、駐在員と比較されると使えないと言われるのは仕方ないでしょう。

 

でも安心してください!

駐在員からは自分の意志で海外に来ていると評価されることもあり、現地採用だから仕事で使えないと言われ、差別を受けたりすることはありません。

 

現地採用は負け組でもありませんし、しっかりと海外に来た目的を持っていることが最も大事です。

 

現地採用だからという理由で負い目を感じる時代は終わりました。現地採用という働き方も人生の選択肢です。若いうちから、自分の働きたい国で挑戦するのもいいのではないでしょうか?
リクナビNEXT
求人情報が気になる方は登録無料の求人数業界最大級のリクナビNEXT

リクルートエージェント
海外転職を失敗したくない方は相談無料のリクルートエージェント

 

スポンサーリンク


使えない現地採用者の特徴

やはり現地採用の一部には人間的におかしな人がいて仕事で使えないと言われてしまいます。

その現地採用者の特徴は以下の4つです。

  1. 日本で落ちこぼれていて海外に来た
  2. 仮病、病欠、うつ病
  3. 一時帰国して戻ってこない
  4. すぐ辞める

 

日本で落ちこぼれて海外に来た

日本社会に馴染めず中国にきた人に遭遇しました。日本人が日本社会に馴染めなければ、海外の社会に馴染めるわけがありません。海外に来てもさらに辛い思いをするだけです。

 

このような人が中国に来ても仕事が上手くいくわけがありません。

 

仮病、病欠、うつ病

前夜に飲み過ぎて翌日の午前中に休む人、頑張って午前中出社したけど飲み過ぎで気分が悪くなり午後休むような仮病を使う人が多いです。

 

このような自己管理ができない現地採用がいるのも事実です。

 

さらには中国の環境に適応できずにストレスを感じ、うつ病になり日本に帰国する人も多いです。
≫中国での仕事で日本人がストレスを感じる理由?【現地採用者の体験談】

 

一時帰国して帰ってこない

中国でコロナが大流行した当初、中国を恐れて日本に一時帰国した現地採用の同僚がいました。

 

帰国後はリモートワークでやり取りをしていたのですが、1カ月ほどぐらい経過すると音信不通となり、結局戻ってくることはありませんでした。

 

急に日本の生活に戻りたくなったのか、リモートワークでの限界や孤独を感じたのか。理由はわかりませんが、このような人がいると信頼を失い、現地採用は使えないと言われても仕方ないですね。

 

すぐ辞める

私が勤めている会社では1日で辞めた人がいます。何を理由に辞めたいと思ったのか翌日会社に現れることはありませんでした。

 

1日や数日で会社をすぐ辞める人の特徴は中国語が堪能な人です。中国語が話せるという自信から仕事はいくらでも見つかると思い、職場が適さないと思うとすぐやめていきます。

 

一方、中国語が話せず日本から来た人は、ある程度の覚悟はあるので簡単に日本に帰りたいとは思いません。

スポンサーリンク


使えない現地採用の紹介

中国上海で働いて5年目となると、使えない現地採用と駐在員のどちらも見てきました。

 

まずは【現地採用使えない】と思ったときのエピソードをクズと思ったとき無能だと思ったとき中国に順応できていないと思ったとき解雇やクビになったときの例で紹介していきます。

クズだと思った瞬間

お金がないことを口実にして、駐在員と飲みにいき、おごってもらうクズがいました。

 

現地採用者は貧乏生活を送るという覚悟はしなくてはいけません。
あわせて読みたい記事
≫上海の生活費は単身で1カ月いくら?【現地採用の電子版支払い記録を大公開】

 

駐在員の方が年配で給料も高いのは当然ですが、あからさまにおごってもらうために食事やバーについて行くのはいかがなものかと思います。

 

また、他人に家賃を支払ってもらったり、生活費を支払ってもらったりしている人もいます。自立心がなく、お金にルーズな現地採用者はクズだとおもいます。

 

 

無能だと思った瞬間

ビジネスメールができない現地採用を時々見かけます。

 

日本では家業を手伝っていて、その後中国に来たが、ビジネスメールを送ったことがないとのことです。

 

例文をネットで調べて、1時間ぐらいかけて返信をしている人がいます。最低限のことは知った上で中国に来てもらいたいですね。

 

現地では即戦力として期待されているので無能と思われても仕方ありません。

中国に順応できてないと思った瞬間

日本で働いていた時の成功例や日本ではこのようにするのが主流だと言って日本式を推しつけて、中国人の意見に耳を傾けない人がいます。

 

日本での常識が通用しないのが中国です。

 

仕事において以前の職場での働き方から抜け出せず、そのやり方で中国でも通そうといてしいる現地採用を見かけると、中国に順応できない人だと思ってしまいます。

 

中国ビジネスに順応しようとする姿勢があれば、必ず学ぶこともありキャリアアップにつながります。
≫現地採用のキャリアは日本帰国後の就職活動に絶対に活かせます!

解雇やクビになった例

中国の営業マンは個人事業主だという言葉を信じ込み、全く協調性がなくクビになった人がいます。

 

中国と日本のハーフであったり、以前中国に留学経験があったりする人に多い傾向があります。

 

やはり組織で働くには最低限の協調性がないと解雇やクビになってしまいます。もちろん、解雇やクビになっても退職金はありません。。

使えない駐在員の紹介

次に【駐在員使えない】と思ったときのエピソードをクズと思ったとき無能だと思ったとき中国に順応できていないと思ったとき解雇やクビになったときの例で紹介していきます。

 

現地採用と比較してどちらが使えないのか比較してみましょう。

クズだと思った瞬間

私の勤めている会社は、とあるバーとお金の回収で揉めました。そのバーは一方的な言いがかりで支払いを拒否してきましたが、とある日の真昼間にバーに来て話をしたいと言われました。

 

訪れてみると真昼間からバーの女に貢いでいる駐在員が待ち受けていて、バーに対する請求は不正で訴えると言ってきました。駐在員に会社名と名前を名乗れと言うと沈黙を続け去っていきました。

 

その数時間後に会社の総経理宛に連絡があり、会社名と名前を丁寧伝えて謝ってきました。真昼間から貢いでいる女のためにバーに行き、仕事をしていないクズな駐在員がいることは事実です。にh

無能だと思った瞬間

中国語が全く話せない駐在員をみかけます。

 

中国語が話せないことを理由に、仕事はすべて日本語の話せる中国人スタッフに指示するだけで、自分はお客さんとの付き合いでゴルフや飲みに行っている人がいます。

上海で飲み歩いている駐在員の写真
上海で飲み歩いている駐在員
上海で飲食店のゴルフコンペに参加している駐在員の写真
上海で飲食店のゴルフコンペに参加している駐在員

このような駐在員の話を聞くと無能だと思ってしまいます。

 

しかし、中国特に上海では中国語が話せなくても生活や仕事ができてしまうのが現状です。
≫中国で働く上で語学力不問が本当の理由は?【中国語・英語は不要】

とはいえ、中国に来たのなら最低限の会話はできるようにしたいですね。

スポンサーリンク


中国に順応できてないと思った瞬間

電子決済を利用せず、現金主義の駐在員がいます。中国では電子決済が主流で、現金を使うとお釣りがないというお店がほとんどです。

 

そこで中国に順応できずに、ことあるごとに現地の中国人スタッフに予約から、注文、買い物をお願いしている姿を見ると少し恥ずかしいです。

 

また、そのような人たちに限って日本語の話せるスタッフのいる日本料理屋にしか行かず、中華料理なんて食べられないとほざいています。

解雇やクビになった例

夜な夜な遊び、体調を崩して病院にいくと、医者から休養を取るように勧められただけで、1週間ほど会社を休みました。日本から派遣されてきたにもかかわらず、現地の会社から帰国させられた駐在員がいます。

 

中国現地の会社に駐在員が自分を含めて二人しかいない事をいいことに日本から監視されていないと思い羽目を外していました。

 

海外に来たからと言って、羽目を外して、日本からの監視がないことを理由に好き放題している駐在員もいろいろなところで見かけます。

【結果】現地採用・駐在員の両方に使えない人材はいる

駐在員の中にも現地採用以上に使えない人は沢山います。

 

現地採用であろうと、駐在員であろうと使えない人は使えない、優秀な人は優秀です。

 

一般的には現地採用は使えないと思われるのは仕方ありませんが、ネットの情報に惑わされないでください。

 

今回は中国におけるダメダメ現地採用と駐在員を紹介しましたが。こちらは両者の違いや格差について多くの項目で比較をした記事です。
≫現地採用と海外駐在員の違いや格差【中国で働くならどちらがオススメ?】

日本でのキャリアを捨てて、現地採用として働くことは正直不安。。駐在員として働くチャンスもない。。結婚や親の介護が必要な年齢になると海外で働くのは難しいかもしれません。
リクナビNEXT
求人情報が気になる方は登録無料の求人数業界最大級のリクナビNEXT

リクルートエージェント
海外転職を失敗したくない方は相談無料のリクルートエージェント

現地採用の悩み事はこちらのページより全て解決できます!

以上です。

スポンサーリンク