上海現地採用の給料は安すぎ!給与交渉では解決できない日本人の現状

将来は中国上海で働きたく、現地採用として働く道を選ぶ人もいるでしょう。

しかし、上海現地採用の給料事情について詳しく知らない人も多いと思います。

中国上海で働きたいけど、給料はどれぐらい安いのか?給料交渉はできるのか?預金はできるのか?給料トラブルは発生するのか?など疑問点は多いと思います。

この記事では、このような疑問点についてリアルに伝えていきます。

この記事を読んでほしい人
将来中国上海で現地採用として働きたいが、給料事情について詳しく知らない人
2017年より上海で現地採用として働いている私が赤裸々に給料についてお伝えします。
上海の現地採用の待遇についても知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

スポンサーリンク


上海現地採用の安すぎる給料の実態は

上海の現地採用の給料が安いという実態を証明するために、私の給料、業種別の上海現地採用の給料、上海の給料事情について説明していきます。

私の給料額について

2017年6月から上海で現地採用として働いている私の給料を公開します。

こちらの給料は手取りの金額です。

社歴 給料
2017年6月(1年目) 試用期間中 基本給8700元/月(約139,000円)
2018年6月(2年目) 基本給9179元/月(約147,000円)
2019年6月(3年目) 基本給9701元/月(約155,000円)
2020年6月(4年目) 基本給9442元/月(約151,000円)

 

3年間で742元/月(約12,000円)だけアップしています

入社して3カ月間は試用期間で給料は8700元/月(約139,000円)でした。

基本給の給与交渉は行っていませんが、緩やかに給料は上がっていきました。

しかし、コロナウィルスの影響もあり2020年は下がってしまいました。

昇給と賞与は?

中国上海の現地採用で昇給はあまり期待しない方がいいでしょう。

海外の現地採用者はいい待遇を求めて転職を繰り返します。

長年同じ会社で現地採用として働いている人の特徴は、昇給の意欲がなく、職場の居心地がよく勤続年数が長くなっています。

これは経営者側も理解していて、現地採用者の入れ替わりはとても早く、勤続年数の浅い人や勤続年数の長い人を昇給させることはありません。

賞与についてもあまり期待しな方がいいでしょう。

中国上海の現地採用の場合、賞与は基本0カ月~1カ月分と考えた方がいいでしょう。

私の場合は、1カ月分までは届きませんが、毎年1月に数千元の賞与があります。

中国では1月頃に新年会を行い、そのときにお年玉(红包:ホンバオ)をもらえて、私の会社では毎年新年会で現金200元(お年玉)+抽選で当選すると数千元がもらえます。

また、中国人上司から後輩に微信(WeChat)の機能を使ってお年玉が送られることもあります。

現地採用ですので、あまり昇給や賞与は期待しないのが賢明でしょう。

次に、2020年6月に支給された9442元/月(約151,000円)が世界的に見て高いのか低いのかWorldDate.info上海市統計局で調べてみました。

もちろん物価や福利厚生も関係するので参考程度にしてください。

日本の平均月収は 世界27位   3473ドル/月  約365,000円/月

中国の平均月収
は 世界45位   868ドル/月  約90,000円/月

上海の平均月収
は 114,962元/年 9580元/月  約155,000円/月

上海の現地採用として働く私の給料は、日本の平均月収より低く、さらに家賃手当もなく、福利厚生もない状況ではとても安いのことが分かりますね。

スポンサーリンク



上海の業種別給料額について

上海現地採用の業種別の給料を紹介します。

今回はRGFに掲載をされていた求人情報をもとに説明します。

上海現地採用の求人情報6選

  1. メーカー 10,000元~20,000元/月(約170,000円~340,000円/月)
  2. 物流 14,000元~25,000元/月(約224,000円~400,000円/月)
  3. IT 15,000元~25,000元/月(約240,000円~400,000円/月)
  4. コンサル会社 15,000元~25,000元/月(約240,000円~400,000円/月)
  5. 商社副総経理(副社長) 22,000元×28,200元/月(約352,000円~451,000円/月)
  6. メーカー開発責任者 28,200元~70,000元/月(約451,000円~1,120,000円/月)

①メーカー 10,000元~20,000元/月

上海でのメーカーの求人情報の写真
上海でのメーカーの求人情報

②物流14,000元~25,000元/月

上海での物流の求人情報の写真
上海での物流の求人情報

③IT 15,000元~25,000元/月

上海でのITの求人情報の写真
上海でのITの求人情報

④コンサル会社 15,000元~25,000元/月

上海でのコンサルの求人情報
上海でのコンサルの求人

⑤商社副総経理(副社長) 22,000元~28,200元/月

上海での商社副総経理ポジションの求人情報の写真
上海での商社副総経理ポジションの求人情報

⑥メーカー開発責任者 28,200元~70,000元/月

上海でのメーカー開発責任者ポジションの求人情報の写真
上海でのメーカー開発責任者ポジションの求人情報

最高額は期待せず、最低金額を参考にするといいでしょう。

現在上海の現地採用の給料は最低10,000元/月、多くて15,000元/月が相場です。

10,000元/月を下回ると紐しい生活になるので注意しましょう。

また、こちらの給料の中から家賃代を捻出しなくてはいけませんが、交渉次第ではメーカーなどは寮に住ませてくれるとこもあります。(上海の現地採用者の家賃相場は3000元~3500元です)

 

 

上海の現地採用として求められている給料額別の人物像についても紹介します。

現地採用で月給10,000元~15,000元の人物像はどんな人だろうか?
中国語が話せないことは採用する側も理解しています。

中国語を話せて中国企業の開拓までできると評価は高くなりますが、基本的に上海で働こうとも日本人は日系企業の開拓、中国人は中国企業の開拓になります。

現地の日本語の話せないスタッフと会話するときに中国語を使うぐらいです。

日系企業だと日本語の話せるスタッフを採用しているところがほとんどですので中国語レベルはそこまで気にしなくても大丈夫でしょう。

中国が好きで、チャレンジ精神があり、安い月給で働ける人ですと基本的には採用されると思います。

 

現地採用で月給20,000元以上の人物像はどんな人だろうか?

会社の責任あるところを任されるので、中国語はもちろんビジネスレベルで、専門知識が求められます。

優秀な人材よりも責任感があってトラブルがあったときに現地スタッフと解決できる人が求められます。

よって、どこの業種や会社を選ぼうが、中国での経験が乏しく、はじめて上海で現地採用として働く人の月給は1,000元~1,500元というとても安い給料であるとこは覚悟しなくてはいけません。

現地採用として、給料をアップさせるには現地での経験値が必要とされます。

 

スポンサーリンク


上海の給料事情について

上海の平均月給は9,580元/月ですが、一部の高給取りの人が引き上げています。

よって、基本上海で働く現地中国人の月給は5,000元/月前後です。

上海人の教育水準は高く、第二言語を話せるのは当然だという考えで、自分は中国語もなかなか話せないのに現地の中国人より給料が高くて劣等感もあります。

しかし、特に上海人は家を持っているので家賃を支払う必要はなく、仕事ぶりにもクエスチョンなところがあり、小遣い稼ぎにきているような従業員もいますので、妥当な金額かもしれません。

上海人のように家を持っている人にとってはそこまで給料は低くないかもしれませんが、上海で現地採用として働いている日本人からするととても安いのが現状です。

家もシャアハウスでないと基本住むことができません。

そこで、日系企業ではなく、給料の高い欧米系企業で働く人もいます。

 

スポンサーリンク



中国で給与交渉しても解決できない日本人の現状とは

中国では給与交渉は当たり前だと思っている人も多いかと思いますが、給料がアップしたとしても悲惨な状況はかわりません。

その理由については説明していきます。

上海現地採用で給与交渉しても少ししかアップしない

上海で給与交渉しても少しのアップしか見込めず、悲惨な状況からは抜け出せません。

日本では、上司や会社からの評価(昇給)で給与はアップしますが、基本中国の現地採用は昇給がありませんので、自分で給与交渉をしなくてはいけません。

中国上海では交渉しても数百元ぐらいしかアップは見込めないと思います。

日本人はなかなか給与交渉するという感覚はないかもしれませんが、中国人はよく給与交渉をします。

しかし、余程の能力がない限り、給与交渉をするとクビになっているイメージです。

その点日本人の現地採用には優しく、数百元ではありますがある程度は理解をしてくれてアップはしてくれると思います。

もしくは、日本人の場合は本社採用にしてもらい駐在員扱いになる方法もあります。

上海市内では、数年後に本社採用にしてくれるという求人も多くあります。

給与交渉してダメなら転職をするのもありだと思います。

スポンサーリンク


上海現地採用で預金はできるの?

給与が少しアップしても預金ができないという悲惨な状況から抜け出すことはできません。

以下の記事で述べたように上海で1ケ月の生活費は節約しても6835.86元(約109,370円)かかります。

上海での生活費が気になる方はこちを参考にしてみてください。

この生活費は上海生活4年目でかなり節約をした上で切り詰めた金額になりますので、上海現地採用者の生活費は家賃を含めて平均8,000元(約128,000元)はかかると思います。

給料が10,000元(約160,000円)の場合:給料10,000元(約160,000円)-生活費8,000元(約128,000円)=預金2,000元(約32,000円)

旅行、大きな出費、語学学校などに通っていると預金は難しく将来が不安になります。

HIS上海のツアーも見ても上海以外だと最低でも3000元はかかってしまいますし、語学学校も上海の相場では1時間100元はかかります。

また、脱日本生活ができず、日用品は日本製、ご飯は日本料理となると、日用品は中国製と比べて1.3倍、日本料理は現地のローカル料理と比べて2倍ぐらいかかってしまうので中国上海の現地採用では預金は難しいです。

そのため、現地採用者は私のようにブログを書いて副業をする人、動画配信をする人、グレーな部分ですが土日に語学学校で日本語教師をする人なども見かけます。

給料が低いと、預金ができず、乏しい生活となり生活レベルも上がらず、悲惨な状況になるかもしれません。

スポンサーリンク



中国の給料あるある

中国では日本であまり考えられないことが給料面でも発生します。

その一部をこれから紹介していきます。

給料の支払いが遅れる
私が勤めている会社や日系企業では給料の支払いが遅れることはありませんが、中国企業では時々給料の支払いが遅れることを耳にします。

中国企業のメーカーで働く友人は頻繁に発生をしているみたいで、美容師や起業したばかりの会社で働いている人は未払いが何度かあったとの話も聞きました。

日本への通貨変換が難しい
駐在員ですと、日本円と中国元の両方で給料が支払われることが多いと思いますが、現地採用ですと中国元のみで支払われます。

日本円への両替は手数料もかかり、すこし厄介です。

給与支給額が正確ではない
基本的に給料明細は存在しません。

私の勤めている会社ではコミッションの計算式が変わると財務は必ず間違いをしますので、指摘しなくてはいけません。

逆に5カ月前のコミッションの計算を間違えたという理由で5カ月前に受け取ったコミッションをマイナスされたこともあります。

罰金制度がある
これはレアなケースですが、私が勤めている会社ではクライアントより回収できないと罰金が存在します。

回収できないと売上の10%引かれます。

もちろん営業職のみのことですが、これではモチベーションが下がりますね。

スポンサーリンク


 

現地採用の給与の面だけを考えると悲惨で現地採用として働くことをおすすめできませんが、仕事の経験を積むという意味では上海はおすすめします。

さらに、本気で中国上海で現地採用として働くことを考えている方は、現地採用のメリットとデメリットをまとめた記事ですのでこちらも参考にしてみてください。